落合陽一は科学者ではあるが天才なんかではない!!その業績は?

話題の現代の魔法使いといえば、天才落合陽一。

魔法使いといえば、僕はアインシュタインを思い浮かべます。

落合さんとアインシュタインは共通点が多々あるように思えます。

現代のアインシュタイン落合陽一さんの業績などについて調べてみました。


出典:www.tv-ranking.com

スポンサーリンク



落合陽一は天才なんかではない!!

落合陽一さんを「天才」という人が多いが、果たして本当にそうなんでしょうか。

名門開成高校を卒業され、筑波大学情報学群情報メディア創成学類を修了し、その後東京大学の大学院で学際情報学府博士課程を早期修了した経歴の落合さん。

「天才」という見方をされる方が多いのも分かります。

「天才」とは生まれつき優れた才能が備わった人のことをいいます。。

僕は落合さんは才なんかではないと思います。

彼は月に1日程度しか休みを取らず、生活のほとんどを研究に捧げ、日々の睡眠時間は4時間程度だそうです。

さらにお腹が満たされると眠たくなり思考が鈍ることから、朝と昼は主食のグミを食べて空腹を適度に満たしているそうです。

またさらに満腹になることを嫌うあまり、カレーライスを食べるときはライスは食べずにルーの食べるそうです。

もはやカレーライスではなく、まさにカレーを食べるのです!!( ´∀` )

持って生まれた才能がある天才がこんなことをするでしょうか。

日々自らを律し、研究に専念されている姿からは「努力の人」としか言いようがありません。

研究のために食欲をも抑えているのです。

「天才」という言葉だけで彼の業績をまとめてしまうのは、あまりにも素っ気なく思えます。

言い換えるなら彼は努力の天才」ではないでしょうか。

スポンサーリンク



落合陽一の職業は何!?

落合さんは多方面に活躍されていますので、彼の職業を一言では言えません。

その仕事をあげてみると

・大学の先生
・起業家
・研究者
・メディアアーティスト
・博士

といった仕事をされています。

落合さんは、研究者でもあり、表現者でもあるということですね。

この中でもがつくのがメディアアーティストでしょう。

正直僕も最初聞いたときはが浮かびまくりました。

メディアアーティストとは、簡単にいうと

「問題提起型のモノづくりをする人」

です。


人気ブログランキング

こう聞いてもピンとこない人も多いかと思いますので、もっとかみ砕いていうと

クリエーター

のような人です!!

これで納得してください。。。

落合陽一は何を目指しているの!?

落合さんはデジタルネイチャーを提唱されています。

なんだそれは!?という感じでしょうから説明しますと、

デジタルネイチャーとは、

人間、自然、デジタルリソース(パソコン)がシームレスにつながり合う世界観

だそうです。

僕はなんとなくしかイメージがつきません。

iPhoneみたいな感じでしょうか。

人間にとって便利なものであることには間違いはないと思いますので、今後のご活躍が非常に楽しみです。

まとめ

落合さんのように日々努力されている方がいるから、科学の進歩があるんだなと本当に頼もしい気持ちになります。

これからの応援し続けたいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする